--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングクリックご協力お願いします★
にほんブログ村 その他日記ブログへ
TREview
[EDIT] [TOP]

2009.11.21 *Sat

JAFの賢い使い方とドライブの思い出

車のトライバーにとって、不意な車の不調やガス欠など、避けたいトラブルですよね。

こーんな寒い中、が故障しちゃったらどうします~~???


JAFに入会していれば、こんなときも24時間受付の救援コールの電話1本でスタップがかけつけてくれるサービスは有名ですよね。
ドライバーの心強い味方です。

JAFはこのロードサービスが有名ですが、ほかにもさまざまなサービスがあるんですよ。
たとえば全国の遊園地やホテル、その他いろいろな施設が特別価格で利用できるJAF会員優待施設があります。
さらにドミノピザで15%割引やカラオケ館で30%割引が受けられるんです。

そして、この連休にとっても便利だなーと思ったのが、「JAFなび」です。全国のおすすめドライブコースの情報がゲットできます。連休にどこかにドライブに行きたいと思ってる人、このJAFのサイトをチェックしてみてください。⇒ http://jafnavi.jp/

JAFについてくわしくはJAFのサイトでどうぞ~。

ドライブといえば思い出したことがあります。
イギリスに住んでいたときにイギリス人の友だちと他のヨーロッパの国へホリデーに行ったんです。
そこでレンタカーを借りました。

イギリスの道路交通は日本と同じで、車は左車線を走ります。そしてラウンドアバウト(roundabout ランダバウトと発音)が多いんですよね。ランドアバウトは、日本でいうロータリーです。駅前によくありますよね。
イギリスではそのラウンドアバウトがいたるところにあります。大きなモノから住宅街の路地の直径1mほどの小さいモノまでさまざまです。
信号待ちをしないで交差点で行き先に抜けられる、とってもいいシステムだと思います。

で、イギリスのラウンドアバウトは車は時計回り通行です。左車線ですから。

ところが、さきほど書いた他国への旅行へ行ったときのこと。イギリス以外のヨーロッパの国がそうであるように、その国も右車線の左ハンドルです。
リゾート地でイギリス人観光客も多い所でした。で、私たちがドライブをしていたら、前を走っていた車がラウンドアバウトでいきなり時計回りに入ってったんです。

みんなで、「あーあのドライバーはイギリス人に違いない!」と笑いましたー。(ちなみに同じイギリスの自国人ですよ。被虐的笑いです)
イギリス人は、ラウンドアバウトを見ると反射的に時計回り通行しちゃうんでしょうね。右車線の国では時計と逆周りになります。
交通の少ないラウンドアバウトだったから事故には至りませんでしたが。

その後も何台か時計回りの車を見ましたー。イギリス人のみなさん、外国では気をつけてくださいよー!!
ランキングクリックご協力お願いします★
にほんブログ村 その他日記ブログへ
TREview
スポンサーサイト
COMMENT : 0  [EDIT] [TOP]



ブログで情報発信



検索フォーム



プロフィール

karin

Author:karin
通販好きの管理人によるレビューやクチコミ情報です





QRコード

QRコード





ブログパーツ




クリックでいいコト

クリックでポイントをためて換金のリードメールとアクセスアップのトラフィックエクスチェンジ。紹介ティア制あり★
ブログマイル:究極のお友だち紹介制度誕生
お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - POINT PAY
アクセスクリックへ、ようこそ!
1banmail.com


CMサイトを見てポイントゲット現金に交換!













カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -





Copyright © やっぱりいいモノ! All Rights Reserved.
(Edit by karin
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。